東京では人気のレストランウエディング 

Filed under: 結婚関係 — admin @ 12:00 AM 2014年12月5日

結婚式が決まったら結婚式場選びを行なうという人も多いでしょう。結婚式場選びでは、いろいろな式場を下見することになりますが、結婚式場も様々であることから、自分たちにあった式場選びを行なっています。

最近は、結婚式にバラエティが見られるようになり、経済的にも負担にならない方法も選ばれるようになっています。たとえば、少人数で行える結婚式がありますが、このような結婚式は経済的なものであることから、人気が上昇しています。

レストランウエディングは、レストランやならではの料理が楽しめることが特徴です。いま話題の拳式スタイルとして人気があり、つきじ治作の婚礼は、レストランウエディングとして好評です。

東京では少し変わった拳式が行えることが評判となっています。つきじ婚礼では、たとえば、料理だけでなく衣装などには満足できるようです。治作オリジナルのウエディングは、2次会会場に移動することなく、会場や衣装などが節約になります。

これからの経済的でみんなが満足できる伝統料亭で行なうレストランウエディングは、いま東京で人気となっています。

ほかにも夕景や夜景で料亭が楽しめる和夕婚などがあります。こちらでは、東京のブライダル・レストランウエディングならつきじ治作について紹介しています。

費用10~20万円の少人数でおこなう結婚式が人気

Filed under: 結婚関係 — admin @ 12:00 AM 2014年4月17日

近頃ではフォトウェディングと呼ばれる写真だけでの結婚式も注目を集めているそうですが、やっぱり結婚というのは人生の中でも一大イベントと言えますよね。そのため費用や都合によって大々的な結婚式を挙げられないにしても、結婚式を挙げたいと思う女性は多いでしょう。

そういう時には少人数で開催できる結婚式のサービスを実施しているところにお願いしてみてはどうでしょうか?

■少人数結婚式のレストランウエディング~ラリアンス 神楽坂~
>>ラリアンス

こちらでは親族のみなどの少人数結婚式を受け付けています。プチウエディイングということで参列者は40人までなんだそうですが、内容構成は大規模の場合とあまり変わらないそうです。牧師や写真撮影、衣装や美容着付けなど。また当日の結婚式までのサポートを、きちんと専任のスタッフが請け負ってくれるそうですよ。

平日か土日祝日かによって多少お値段は変わりますが、ベーシックプランからドリームプランまであり、およそ10万円から20万円で結婚式を挙げることが可能みたいです。まだまだ知名度の低い少人数での結婚式ですが、興味があれば参考にしてみてください。

ちなみにラリアンス神楽坂の場合ですと、土日祝日での挙式を希望であれば、約2ヶ月前から予約ができるそうなので、今から2カ月後の開催ができるのか、チェックしてみるといいでしょう。

格安ウエディングのポイント。

Filed under: 結婚関係 — admin @ 12:00 AM 2014年4月3日

格安で結婚式を挙げたい!

でも、いかにも「節約しました!」ともろバレの結婚式はちょっと恥ずかしい・・・。

そんな方におすすめの、結婚式の費用を格安に抑えるためのいくつかのコツを伝授したいと思います!

●ペーパーアイテムは自分で作る

結婚式で必要になるペーパーアイテムは、

・席次表

・席札

・ウェルカムボード

・お料理のメニュー表

・プロフィール表

などが挙げられます。

これらを業者に作成依頼すると、最低でも5万円はかかります。

確かにきれいに仕上げてくれるしミスも少ないので業者を頼りたくなる気持ちもわかるのですが、ここはぜひ節約と思って手作りしてみてください。

最近では百円均一のお店でも結婚式に使えそうなアイテムが多いですし、ご友人からお借りするのも良いでしょう。

●ウエディングドレスなどを持ち込みする

ウエディングドレスのレンタルショップがインターネットを検索すれば多数ヒットします。

その中から格安のところを見つけて、持ち込んでみるのも節約になります。

デザインを妥協するわけではないので、お気に入りのウエディングドレスを選ぶことができますよ。

このように、持ち込みができる結婚式場を選べば、かなり格安に結婚式を挙げることができるかと思います。

痛風の予防策や治癒方法について

Filed under: トータルヘルス — admin @ 12:00 AM 2014年3月30日

痛風といえば、ビールの飲み過ぎをすぐに連想させる病名かと思います。
俗に贅沢病とも言われていますよね。
患うと手や足の先端が凄く痛いと言われるやっかいな痛風ですが、実はビールの飲み過ぎだけが原因というわけでもないんです。

そもそもどういった病気なのかというと、血中の尿酸が多くなることで、関節炎を引き起こすもので、放っておくと、腎臓を含む内臓を痛めると言われています。
昔はお酒を飲むことの多い中年男性に現れる病気だったのですが、最近では20代などの若い世代、女性の間でも患者が非常に増えています。

それでは患う原因は何なのかというと、ビール単体というよりも、一緒に食べる食材に大きく左右されるのです。
例えば明太子や白子、エビ、焼き鳥といったプリン体の多い食材をつまみに、ビールを飲んでいませんか?
もしくは、飲酒後に小腹が空いたとラーメンなどを食べていないでしょうか?
実はこれらがビールの何十倍ものプリン体を含んでおり、結果として、痛風を患ってしまうのです。

では治癒するためには、どうすれば良いのか。
どのような食生活や予防法があるのかを知りたいですよね。

そこでオススメなのが以下のサイトです。
痛風の悩み解決情報局

「痛風の悩み解決情報局」では、原因や予防法、治癒の方法が分かりやすく解説されています。
また治癒したいと願う以前に、痛風の痛さに耐えられずに病院へ行くとき、何科で診察してもらえば良いのかなどのアドバイスもあります。お酒を飲む機会が増える季節が訪れる前に、是非、確認しておきたいサイトですね。